外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2000/01 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2000/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 為替法師です。

 RSIについてです・・・
 引用開始

RSI

RSIは、その時の株価(為替の場合"レート"。以下同様)が“売られ過ぎ”なのか、それとも“買われ過ぎ”なのかを計る“体温計”のような役割を果たします。
0%から100%の間を往ったり来たりし、0%に近ければ“売られ過ぎ”を示し、100%に近ければ“買われ過ぎ”であることを示します。

一般的に0%から20%を“買いゾーン”、80%から100%を“売りゾーン”と考え、株価が下落したときに“買い”、株価が上昇したときに“売り”とする“逆張り系の指標”として使います。

また、RSIの計算期間を変えて2本のラインを使って売買サインを使うこともできます。
infoseekチャートの場合、RSIの計算期間を9日間(緑色点線)、14日間(黒色実線)に設定した2本のラインが描画されており、両線のクロスしたポイントを売買シグナルとして使用しています。
緑色が黒色を上抜けたときを“買いシグナル”、緑色が黒色を下抜けたときを“売りシグナル”とするわけです。
一般的には、安値圏(0%から20%)での買いシグナルや高値圏(80%から100%)での売りシグナルの的中率が高いとされています。
また、銘柄によっては、ある特定のレンジ内(例えば20%から70%とか60%から80%など)で動くものもあります。各銘柄の特徴をうまく利用して、独自の売買サインを考案することも可能です。

引用終了

 つまり、「買われすぎ」たらそろそろ「売られる」「売られすぎ」たらそろそろ「買われる」という判断ですね。

 上記はINFOSEEKマネーさまのサイトより引用させていただきました。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オシレーターの指標はレンジ相場では有効な指標の一つですね。
外為トレーダーマダイ
2006/11/05(日) 08:23 | URL | 外為トレーダーマダイ #592Xd23o[ 編集]
 外為トレーダーマダイさまへ

 オシレーター系の指標は簡単なようで奥が深いですね。オシレーターって何の略なのでしょうか?
2006/11/05(日) 20:23 | URL | 為替法師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/148-4ea8f180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。