外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 為替法師です。

細かな取引に疲れた方や、確実にリスクを少なくゆっくりとでも資産を増やすならば前回の記事でも書いたように長期投資がお勧めです。そのやり方ですが・・
 まず、スワップ金利が確実に高めの会社に口座を開きます。有名なところではセントラル短資オンライントレード為替さんですね。資金が少ない方は外為どっとコムさんで1万円から運用することも可能です。

 どちらの会社でも基本的にはゆっくり資産を増やすのに向いています。間違ってもデイトレードなどにこれらの会社を使うべきではありません。

 夜ゆっくり眠れるようにするためにもレバレッジは5倍くらいで行なうのが良いでしょう。

 参加するタイミングですが基本的に長期でしたら保証金が足りているのならばいつでもいいのかもしれません。かなり下がったときをねらうのも良いですが、何処が底か?ということになると予想しかないのであてにならないです。ただ、指標時で乱高下しているときにはしないほうが良いかもしれません。ポジション取ったとたんにバカ下げして悔しい思いをしないためにも。

 あ、長期投資の基本はロングですよ。おまちがえなく!

 そして、長期投資といってもロスカットはある程度必要と私は考えています。いくら長期運用でも、戦争などが起こったらその為替変動で思いっきりダメージを受けますから。

 ロスカット水準は10円~20円くらい下に入れるのが良いと思います。つまり、これぐらい下がっても大丈夫な資金量は必要ですよね。

 あとは、気長に1~2年くらいまつ!。これが一番しんどいでしょう。少しでも利益が出てくると決済したくなりますよね。

 でも、一万ドルの運用で一年で5万強の利子です。2年で10万強の利益になります。ここまで我慢できたらあとはその増えた分をまた投資にまわせますね。ここで使えるのがスワップ金利だけを引き出しできるセントラル短資オンライントレード為替さんが便利ですね。

 また、大事なことなのですが2年くらい待つのもいいのですがもったポジションが3円以上上がったときはロスカット水準を引き上げて、わずかでも利益が出るところまで(つまり買値よりも上)変更しておき、万一の決済にも利益が残るようにするべきと思います。

 実際の決済はどれくらい資金を増やしたいのかにもよりますがこのやり方でしたら初心者でもできると思うので資金を充分用意してからするのがいいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/184-38c11987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。