外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX必勝法は1000通貨から人気ブログランキング

 本日は戻りの相場ですね。ですがこれは急落したエネルギーの反動と捉えたほうがいいと思います。本当の反転はも少し先にならないと判断できませんね。

 強すぎる動きには必ず戻しがあります。これは万物の法則でしょうね。ただ、ここからの下落余地はおそらくドル円は114円台がひとつのポイントになることは間違いないでしょうから資金に余裕のある人はそろそろ買い増しといったところでしょうか?賛成は→人気ブログランキング

 もちろん相場の方向は円買いに向いていますのでここでの定石はショートと思われます。判断は難しいところですが・・・。自分の相場観に自信がないときは様子見が一番と思います。
 ブログ村の為替ブログを見てみると「何百万も含み損を抱えて・・でもまた盛り返すから」といった記事や「ここからハイレバレッジで盛り返そう」といった記事をよく見かけますが私は早く損切りして低レバレッジでやり直すことをお勧めします。

 自分の相場観が間違っていての損ですから潔くみとめるほうが精神的に楽です。また、ハイレバレッジの取引は損切りが冷徹にできる方でなければ失敗します。

 あの南緒さんでも低レバレッジでの取引からするべきと薦めているのですから一般の投資家であるわれわれがロスカットなしで挑むのは危険です。→ブログ村で南緒さんの新商材で勝てている方発見!

 南緒式新商材!いまなら先行割引価格です。→FX 南緒式ワンデイトレード

 ロスカットなしで挑むならば必ず低レバレッジで長期運用!これが鉄則になると思います。いまのお勧めは為替侍さんの商材がいいと思います。この暴落時でも安心してポジションが取れます。
『為替侍のFXスワップ運用で不労所得!』

 わたしはこの手法をつかって1000通貨からスタートしました。一時的な含み損は抱えますが低レバレッジですし長期運用なのでストレスフリーです。

 余裕資金が何百万もある方は別ですが私のように数十万の資金からスタートする場合は1000通貨からの取引がいいように思います。一日にたまるスワップもわずかですが数年後の成績を考えていくとかなり安定してくると思います。もちろん余裕資金のある方は1万通貨以上でどうぞ。

 デイトレやスィングトレードも確かに優れた手法であれば勝てますが余裕資金が少ない場合は負けたときの損失がかなりきついのでこちらも1000通貨からおこなっていくのはいかがでしょうか?

 わたしはロスカットにはなれたとはいえ一時的に数万円の含み損を抱えたりするのはやはり精神的によくありません。これは一般的なサラリーマンであれば共通の感覚と思います。

 1000通貨からであれば損失も数百円とかおおくても数千円ですからパチンコや競馬に行って負けるよりもはるかに損失は少ないです。

 また、1000通貨からであれば新商材の検証やテクニカルトレードの検証にいいでしょう。デモでは真剣になれず、ちゃんと検証できないという方にお勧めです。
 1000通貨からのトレードはヒロセ通商が手数料が安くて使いやすいと思います。もしくは定番の外為どっとコムですね。こちらは長期運用者向けです。

 いずれにしろこの局面を乗り切るのはしっかりとした資金管理ができたかただけと思っています。
 

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう、スタートされましたか。
私も参加しようかな・・・。
2007/03/07(水) 21:02 | URL | toshizou@外為奮戦記 #-[ 編集]
TOSHOZOUさんへ
私の場合は昨日の暴落時に仕込みました。といってもまだ赤ポジですが。(あたりまえですが)
2007/03/08(木) 00:32 | URL | 為替法師★知らないと損するFX必勝法 #-[ 編集]
パチンコ必勝法
はじめまして、元釘師です。パチンコに関する情報などを掲載しております。よかったら遊びに来てください。
2007/03/09(金) 00:42 | URL | 元釘師 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/250-2afad1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。