外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マネーマネジメン

 ゆっくりとお金持ちになる秘訣の第4回目はマネーマネジメントです。第1回から第3回の内容と同じような内容になりますが本当に長期的に利益を上げていきたいと考えるならば一回のトレードの損失額をきめておくことと、建玉の数を投資の費用にあわせて決めておくことです。これを金額で考えてみます。
その方の資金量によってそのいくらかというポイントは変わってきますがもし仮に考えるならば

①投資資金の10パーセント以内の金額で(証拠金で)ポジションを立てる
②損失額はその10パーセントのなかの半分までにする(つまり全体の5パーセント)

といった仮説を立てるとします。
それを実践で考えてみます。

100万の投資に回せる資金があったとします。①の通りに考えてそのうちの10万円を投資に回します。取引会社によって10万円で立てれるポジションは異なりますが②の損失額をこの時点で5万円と決めておきます。

運悪く、あなたが負けてしまったとしたばあい5万円の損失です。そうするとのこり95万円。次はこの95万円を基本として考えます。2回目の取引は95万円の10パーセントですから9万5千円を投資に回します。損失額はその半額の4万7500円です。

これを繰り返していくとどれだけ投資センスのない方やついてない方でも、おそらく投資金額が最低必要証拠金以下になるまでに(取引会社によって違いますが)50回~100回くらいまで負け続けることができるのです。(手数料や急変時のスリップは考慮してません。あくまでも考え方です。)

もちろん損失額をもっと投資金額に対して少ないパーセンテージに抑えていけばもっと長いスパンで資金の減少を抑えることができます。
今回の円高で大きく損失を抱えている方はこのマネーマネジメントができていないことになるのかなと思います。

もちろんこれだけ資金を抑えて投資することは「楽しく」はないですね。「わくわく」や「どきどき」もないでしょうし投資資金を抑えることはよほど大きく勝たないと金銭的に満足できないかもしれませんがそもそも「FX]を「投資」としてとらえるのか「貯金」として考えるのか「ギャンブル」として行っているのかを考えていくのがいいのではないでしょうか。

 第1回から第4回まで似たような内容ですがちょっとずつ遂行していくのでお付き合いお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/385-9a2b87fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。