外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2017/07 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然ですがこんな本の紹介。

恐慌前夜恐慌前夜
(2008/09/06)
副島 隆彦

商品詳細を見る


内容ですが驚くべきことに今回の大暴落~オバマ候補の当選その他を見事に言い当ててます。そして・・・
恐ろしいことにドル円は80円台までいくだろうと言ってます。

この方がすごいのはこの2008年の段階より以前から2007年の高値圏の時からこの暴落を予言していたことです。

その時の本がこちら。

ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界ドル覇権の崩壊―静かに恐慌化する世界
(2007/08/03)
副島 隆彦

商品詳細を見る


これらを読むとこれからこの世界がどうなっていくのかが分かります。
ドル円の90円台突入やリーマンの破たん、GMやシティバンクの破綻危機など預言者のようです。
私は実は2007年にこの本を立ち読みしたのですが「あ~そうなのかないつかはそうなるかな」とほとんど気にしておりませんでした。そして今、怖いくらいに当たってます。

ただ、これをはずしてます。

豪ドル円の暴落

なぜなら副島さんは金などがこれから非常に高騰していくと説いています。それは現在当てはまるのですがそのなかで豪ドル円が今後さらに有望だろうと説いています。ところが、豪ドル円は90円台からわずか2カ月ほどで55円まで暴落。40パーセントくらいの下落です。これはドル円の下落スピードの倍です。

 もしこの本を読んで投資を行った方がおられたらドル円に関しては大勝。豪ドル円に関しては大損失ですね。

 ただ、この方はわりと極端な論調の方でTV等にはほとんど出ません。小沢一郎の大応援をしたりアポロの月面着陸に疑問を呈したりとその暴れっぷりは素晴らしいです。

本は現在本屋に山積みになっているので割と見つけやすいと思います。

ちなみに僕がこの方を初めて知ったのはこの本です。

あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法―この先一生お金に困らない「最高の時間」を過ごす本あなたが「金持ちサラリーマン」になる方法―この先一生お金に困らない「最高の時間」を過ごす本
(2001/07)
副島 隆彦

商品詳細を見る


結構分かりやすい成功本の一つです。

切り口もソフトなのでこの本から入った僕としてはそのほかの本を読んだ時は衝撃でした。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/593-2cb8a749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。