外国為替証拠金取引(FX)の投資記録。

2017/09 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日本屋でこの本を立ち読み(一応フォトリーダーですから)
世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)
(2008/12/18)
堀 紘一

商品詳細を見る


中身は続きから
これを読むと金融工学がいかに世の中に害になっているのか。

サブプライムから始まってCDSはてまたCDOという危険な金融商品が今後世の中をめちゃくちゃにしていくということが書かれていました。

また、その裏で手を引いているヘッジファンドの悪辣さと、単純にお金儲けに走った彼らに対する堀氏の怒りともいえる文章がつづられています。

非常に、この手の本のなかでは分かりやすく、すぐ読める良著だと思います。

ただし、本の中でヘッジファンドを辞めて堀氏の会社(DI ドリームインキュベーター)に入った社員に対し、年収数千万をすてて、わずか1000万くらいのこの会社に移ってきたことを感心しておりましたが、年収1000万位あるからまだ移ってこれるのだと思いますよ。

ほんとに年収500万くらいでしかも毎年下がっていっているほとんどのサラリーマンにとっては堀氏の会社の行っていることもヘッジファンドと同様に「雲の上」です。

デイトレーダーや個人投資家がネット金融でもうけることにも注意を促しておりましたが何としても少しでも稼がないと生きていけない不安が私たちを動かしていることにも注意を向けてほしいとも思います。とはいえ、彼らのような「強者」にはわからないでしょうが。
 いま、世の中の金融が狂っている現況を分かりやすくまとめています。ご一読を。

世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)
(2008/12/18)
堀 紘一

商品詳細を見る




私の意見に賛成の方はどうぞ「拍手」とランキングの応援お願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawasehousi1.blog69.fc2.com/tb.php/615-3384859f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。